ディーラーで新車を購入した場合は、車検近くになると車検切れの案内のはがきがきますよね。見積もりと一緒に。(ディーラー車検めっちゃ高いですけど…汗)

 

でも、例えば知人から譲り受けた車だと車検のお知らせは一切来ません。自分で覚えておくしかないんですよね。

 

だから、うっかり「忘れていた~!車検切れになってたよ!」というケースもあります。

 

でも、車検切れで公道を走ることは法律違反。見つかれば免停にもなるし減点もあります。車検が切れているということは自賠責も切れているので、事故を起こせばそれこそ一生を棒に振るほど大変なことになってしまいます。

 

2018年からは車検切れの取締りも強化されています。見つかれば免停や減点は免れません。(もちろん、見つからなければ良いということではありません。。)

 

車検切れになってしまった時にしてはいけないこと、そして今すぐにでもすべきことを徹底解説していきます。

 

2018年から始まった車検切れの取り締まり強化

国土交通省は2018年9月から「可搬式ナンバー読取装置」による車検切れの取り締まり強化を行っています。

 

調査によると、無車検車は20〜30万台ほどあるといわれていて、取締りが課題とされていました。

 

今まで、無車検車の取り締まりは主にこの3種類で行われていましたが、あまり効率の良いものではありませんでした。

 

  • 街頭検査
  • 駐車場の見回り
  • ナンバー読み取り措置の設置

 

どれも膨大な時間と人手を要するものでしたが、新しく導入された「可搬式ナンバー読取装置」は走行中の車の車両に向けてカメラを向け、無車検車かそうでないかを瞬時に判別できるため、時間の短縮にもなり、取締りの強化につながっています。

 

「うっかり車検切れになっていた」ということでも、瞬時に判別され取締りの対象になるので、車検切れに気が付いたら公道は走らず、速やかに車検を受ける手続きを済ませましょう。
※このページの最後に車検切れでも対応可能のおすすめ車検業者を紹介しています。

 

車検切れが見つかった時のペナルティ

車検を済ませていない車で公道を走ることは違法行為です。もちろん罰則(ペナルティ)があります。

 

飲酒運転並みに厳しいものになっていますので、知っておいてください。

 

無車検車を公道で走らせた場合

この違反は「道路運送車両法違反」になります。罰則は以下の通りです。

 

  • 違反点数 - 6点 (前歴なしの場合)
  • 30日間の免停
  • 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

自賠責保険が切れた状態で車を公道で走らせた場合

車検が切れている場合は、自賠責保険も切れている場合がほとんどです。この違反は「自動車損害賠償保障法違反」になり、罰則は以下の通りです。

 

  • 違反点数 - 6点 (前歴なしの場合)
  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金

最大の罰則:無車検車+自賠責保険無し

車検も切れ、自賠責保険も切れている状態で公道を走らせた場合、最大の罰則が待っています…

 

  • 違反点数 - 合計12点 (前歴なしの場合)
  • 90日間の免停
  • 1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金

 

車検が切れている場合、自賠責保険も切れているケースがほとんどですので、一気に12点減点になり、免許停止になってしまいます。

 

さらに事故を起こしてしまえば、それこそ大変なことになってしまいます。無車検車を運転することは、本当にリスクが高いですね…

 

車検切れで起きてほしくない1番恐ろしいこと

無車検車を公道で走らせた場合、減点や免停などの罰則がありますが、1番怖いのは事故です。

 

車検が切れていて事故を起こした場合、加入している任意保険も自賠責保険も無効になるケースがほとんどです。その場合、すべて自己負担で損害を賠償しなければいけません。

 

人身事故であれば数百万、数千万円、もう支払い能力を完全に超えてしまいます。

 

もらい事故で、こちらに全く過失がなかったとしても、任意保険が無効の状態ですので、相手側の保険でカバーできない分は自己負担ということになってしまいます。

 

無保険車の運転は、本当に大きなリスクしかありません。車検をしていなかかったために人生がおかしくなってしまった、なんてことがないよう、公道を走らせる必要があるなら、必ず車検は通しましょう。2018年からは取り締まりも強化されているので、本当にリスクが高いです。

 

車検切れでも対応可能、まずは申し込み・問い合わせを

とりあえず、今できることは1日も早く車検を通すために手続きを行うことです。まずは、車検業者へ問い合わせ・見積もりの申し込みをしましょう。

 

車検は切れていても対応可能ですので、躊躇する必要はありません。

 

 

先日私が車検の見積もりに行ったとき、「車検切れてませんか?」って普通に聞かれました。まるで、「オイル交換しますか?」くらい軽い感じで…。たぶん、うっかり忘れて車検切れになってしまった・・・っていう人、本当に多いんだと思います。

 

それか、私の顔が「車検切れてそうな顔」だったか・・・(笑)


 

だから、あまり小さくなったりする必要ありませんよ。車検が切れていても深く追及されることもないので、そんなことを心配するより、早く車検を済ませてしまいましょう。

 

ちなみに、私が行ったのは【楽天車検】で探したDr.Driveというエネオスにある車検屋さんです。

 

というわけで、今すぐに見積もり・申し込みのできる車検業者をご紹介します。

 

加盟店数は圧倒的に1位の車検の予約サイト
郵便番号を入れるだけで近くの車検業者が表示されます。私も実際に使いましたが、申し込んでから車検を済ませるまで2日しかかかりませんでした。登録業者多いことから、一番のおすすめ。

もしも楽天車検で近くの車検業者が見つからなかったらEPARKも試してみてください。
EPARKはクーポン発行もあるので、思いのほか安く車検を済ませることができるかもしれません。

グー車検は適切な整備工場を選んでくれます。そして整備工場のスタッフが引き取り・納車してくれるのでとても楽。クレジットカード決済もできます。

 

というわけで、車検業者を探せる3つのサイトを紹介しました。車検はなるべく早く済ませてくださいね。

 

もし車検が切れている場合は、申し込む際(折り返しの連絡がきたときでOK)、車検切れであることを伝えましょう。自動車運搬用トラックに載せる、仮ナンバーを借りて移動させるなどする必要がありますので、業者さんと相談してみてください。